articles

2009 年 6 月 30 日

AS3 LoaderInfoのプロパティ

LoaderInfo → EventDispatcher → Object
なので、すべての表示オブジェクトはLoaderinfoがつかえる?
今回調べたかったのは

for (i=1; i>=girls_num; i++) {
	var loader=new Loader();
	loader.load(new URLRequest(i+".png"));
	loader.contentLoaderInfo.addEventListener(Event.COMPLETE,loaderCompleteHandler);
}

function loaderCompleteHandler(event){
	trace("読み込み完了");
	var loader_obj=event.currentTarget.loader;
}

という形で、この LoaderInfo オブジェクトに関係した Loader オブジェクトを取得したかったので
LoaderInfoのプロパティloaderを使いました。
紛らわしい。
調べる事が多くなると思うので、livedocsの内容をまるまる移しておきます。

【転用】
http://livedocs.adobe.com/flash/9.0_jp/ActionScriptLangRefV3/flash/display/LoaderInfo.html

actionScriptVersion : uint [read-only] ロード済みの SWF ファイルの ActionScript バージョンです。
applicationDomain : ApplicationDomain [read-only] 外部 SWF ファイルがロードされると、ロードされたクラスに含まれているすべての ActionScript 3.0 定義は applicationDomain プロパティに格納されます。
bytes : ByteArray [read-only] LoaderInfo オブジェクトに関連付けられているバイト数です。
bytesLoaded : uint [read-only] そのメディアのロード済みのバイト数です。
bytesTotal : uint [read-only] メディアファイル全体の圧縮後のバイト数です。
childAllowsParent : Boolean [read-only] コンテンツ (子) からロードする側 (親) への信頼関係を表します。
content : DisplayObject [read-only] この LoaderInfo オブジェクトに関係したロードされたオブジェクトです。
contentType : String [read-only] ロードされたファイルの MIME タイプです。
frameRate : Number [read-only] ロード済みの SWF ファイルに関する 1 秒ごとのフレーム数を表す公称のフレームレートです。
height : int [read-only] ロードされたファイルの規格高さです。
loader : Loader [read-only] この LoaderInfo オブジェクトに関係した Loader オブジェクトです。
loaderURL : String [read-only] この LoaderInfo オブジェクトによって記述されるメディアのロードを開始した SWF ファイルの URL です。
parameters : Object [read-only] ロード済みの SWF ファイルに提供されるパラメータを表す、名前と値の組を含んだオブジェクトです。
parentAllowsChild : Boolean [read-only] ロードする側 (親) からコンテンツ (子) への信頼関係を表します。
sameDomain : Boolean [read-only] ロードする側とそのコンテンツの間のドメインの関係を次のように表します。ドメインが同じ場合は true、異なる場合は false です。
sharedEvents : EventDispatcher [read-only] セキュリティ境界を越えてイベントを交換するために使用される EventDispatcher インスタンスです。
swfVersion : uint [read-only] ロード済みの SWF ファイルのファイル形式のバージョンです。
url : String [read-only] ロードされるメディアの URL です。
width : int [read-only] ロードされたコンテンツの規格幅です。