articles

2010 年 3 月 12 日

PHP splintfはよく使うはず

CATEGORYPHP  TAG 9:19 PM

なのに、よく忘れてしまうのでメモします。

$var=5;
echo splintf("%02d",$var);//2桁で出力

よくこんなカンジで使ってました。

$var=5;
$figures=2
echo splintf("%0{$figures}d",$var);//$figures桁で出力

調べるとこんな使い方も

$nowDate = sprintf("%04d年%02d月%02d日", $year, $month, $day);

使うべきでした。

2010 年 3 月 11 日

CSS3 ドロップシャドウをIEでも

CATEGORYCSS  TAG 8:35 PM

ネタ元
http://www.cssplay.co.uk/menu/css3-shadows.html

以下の記述で、IEとCSS3のブラウザでほぼ同じドロップシャドウができるそうなのですが・・・
記述がめんどくさいですね。
ただ、つかいどころがどこかであるかもなのでメモっておきました。

2010 年 3 月 9 日

jQuery スライドショーでフェードイン、フェードアウト2010

CATEGORYjQuery  TAG 10:16 PM

前々からやってはいましたが、データの形式(配列からJSONに)とコールバックの仕方を変えてシンプルにしたので一応メモっておきます。
もちろんこれだけでは動かず一定間隔ごとにchange()関数を実行する必要があります。

ちなみにJSONは(JavaScript Object Notation)だそうです。


//初期フェーズ
slide_phase=-1;

//データ
pickup_data=new Array();
slide_data[0]={"href":"test_url1.html","comment":"テスト1","img_path":"1.jpg"};
slide_data[1]={"href":"test_url2.html","comment":"テスト2","img_path":"2.jpg"};
slide_data[2]={"href":"test_url3.html","comment":"テスト3","img_path":"3.jpg"};

slide_num=slide_data.length;

function change(){
	if(slide_phase < slide_num-1){
		slide_phase ++;
	}else{
		slide_phase =0;
	}
	$("#slide img").fadeOut(500,changeSrc);
	$("#slide a").attr("href",slide_data[slide_phase].href);
	$("#slide .comment").text(slide_data[slide_phase].comment);
}
//コールバック
// $(this)でイベントが発生したオブジェクトを受け取れる。
function changeSrc(){
	$(this).attr("src", slide_data[slide_phase].img_path).fadeIn(2500);
}

2010 年 3 月 4 日

CSS3 テキストの選択色を指定する。これもcss3か!

CATEGORYCSS  TAG 12:16 PM

とあるサイトで、選択したテキストの背景がサイトのデザインと
マッチしていて素晴らしいなと感じました。

ソースを見て行くと

::selection{}
::-moz-selection {}

とありました。
これで指定するんですね。

Mozilla の独自拡張は使うべきではないらしいのですが。
http://www.mozilla.gr.jp/standards/webtips0001.html#c1