articles

2009 年 9 月 13 日

AS3 クラスの参照

以下のようにすることで文字列のクラス名をgetDefinitionByNameに渡して
参照できるようです。
すごく基本的なことっぽいです。

import flash.utils.getDefinitionByName;
var ClassReference:Class;
ClassReference=getDefinitionByName(class_name) as Class;
var instance=new ClassReference();

2009 年 8 月 30 日

AS3 リンゲージしたmcをリンゲージ名で配置

CATEGORYgetDefinitionByName   TAG 1:47 PM

名前でクラスを取得する場合

getDefinitionByName(class_name) as Class

とできるようです。
すごく基礎的なところなようです。
サンプル

package {

	import flash.display.MovieClip;
	import flash.utils.getDefinitionByName;
	
	public class Pref {

		var mc:MovieClip;
		var ClassReference:Class;
		
		function Pref(class_name) {
			ClassReference=getDefinitionByName(class_name) as Class;
		  mc=new ClassReference() as MovieClip;
     }
	}
}

これで

var hokkaidou= new Pref( "北海道" );

としてリンゲージしたmc「北海道」が利用できます。
備考ですが、変数名・リンゲージ名などは日本語が使えるんですね。

2009 年 8 月 7 日

Tweener addCallでタイマーの代わりに使ってみたい

TweenerをTimer代わりっぽく使うことができるんですね。
Timerより優れているのは、記述が簡単なのと、間隔をtransitionで変更できるところでしょうか。

import caurina.transitions.Tweener;
import caurina.transitions.properties.DisplayShortcuts;
DisplayShortcuts.init();

stage.addEventListener(MouseEvent.CLICK,function(){
	Tweener.removeTweens(test_mc);
	Tweener.addCaller(test_mc, {onUpdate:myFunction, count:30, time:10, transition:"easeInExpo"});
});

function myFunction() {
	test_mc.scaleX=test_mc.scaleY=1;
	Tweener.addTween(test_mc,{time:1,_scale:2});
}

2009 年 5 月 21 日

AS3 Timer

CATEGORYactionscriptTimer   TAG 11:01 PM

var duration=5000;//ミリ秒
	
var myTimer:Timer=new Timer(duration,3);

//5秒おきに実行
myTimer.addEventListener(TimerEvent.TIMER, timerHandler);

//3回終了した時に実行
myTimer.addEventListener(TimerEvent.TIMER_COMPLETE, timerCompleteHandler);
myTimer.start();

2009 年 4 月 28 日

AS3 ByteArray

CATEGORYactionscriptByteArray   TAG 3:10 AM

バイトアレイとは、ちょっと難しくて詳しくわからないのですが
そもそもどのパッケージにあるのかもわかりませんでしたので
メモしておきます。
cs4はactionscriptのリファレンスが使いにくいのでは。

import flash.utils.ByteArray;