articles

2009 年 8 月 7 日

Tweener addCallでタイマーの代わりに使ってみたい

TweenerをTimer代わりっぽく使うことができるんですね。
Timerより優れているのは、記述が簡単なのと、間隔をtransitionで変更できるところでしょうか。

import caurina.transitions.Tweener;
import caurina.transitions.properties.DisplayShortcuts;
DisplayShortcuts.init();

stage.addEventListener(MouseEvent.CLICK,function(){
	Tweener.removeTweens(test_mc);
	Tweener.addCaller(test_mc, {onUpdate:myFunction, count:30, time:10, transition:"easeInExpo"});
});

function myFunction() {
	test_mc.scaleX=test_mc.scaleY=1;
	Tweener.addTween(test_mc,{time:1,_scale:2});
}

2009 年 8 月 7 日

Tweener baseでトゥイーンオブジェクトを

CATEGORYTweener   1:07 AM

知りませんでした。baseプロパティ。
ベースとなるトゥイーンオブジェクトからプロパティを追加したり、変更したり、削除したり
これ、早く知っておきたかったです。
ドキュメントはやはり早めに目を通しておくべきですね。
そろそろTweenerの時代が終わりそうだというのに・・・

import caurina.transitions.Tweener;

var myFade:Object={time:2,x:stage.stageWidth-100};

var mySlowFade:Object={base:myFade,time:5};
//myFadeのプロパティを変更

var myDelayFade:Object={base:myFade,delay:1};
//myFadeにプロパティを追加

var myDelayFade2:Object={base:myFade,delay:null};
//myFadeのプロパティを削除

stage.addEventListener(MouseEvent.CLICK,addTweenHandler);

function addTweenHandler(event) {
	Tweener.addTween(mc1,myFade);
	Tweener.addTween(mc2,mySlowFade);
	Tweener.addTween(mc3,myDelayFade);
	Tweener.addTween(mc4,myDelayFade2);
}

2009 年 7 月 15 日

Event.ADDED記念日

なぜ使ってなかったんでしょうか?Event.ADDED
初めて使う事になりました。存在は知っていたのに。

下記コードは、表示オブジェクト追加時にスケールをもどします。

import caurina.transitions.Tweener;
import caurina.transitions.properties.DisplayShortcuts;
DisplayShortcuts.init();

Tweener.addTween(sample_obj,{time:0,_scale:2});
sample_obj.addEventListener(Event.ADDED,backAddedHandler);

function backAddedHandler(event){
	trace("追加された");
	Tweener.addTween(event.target,{time:1,_scale:1})
}

2009 年 7 月 1 日

AS3 scaleのTweenをTweenerで

CATEGORYactionscriptTweener   TAG 12:27 PM

Tweenerのproperties.DisplayShortcutsで
スケールをまとめて変更できる事を知りました。

import caurina.transitions.Tweener;
import caurina.transitions.properties.DisplayShortcuts;
DisplayShortcuts.init();//初期化
import caurina.transitions.properties.FilterShortcuts;//ついでにフィルタも
FilterShortcuts.init();//初期化


Tweener.addTween( test_mc , {time : 2 , _scale : 2.5 , onUpdate : dispValue }

private function dispValue():void {
  trace(test_mc.scaleX,test_mc.scaleY)
}

2009 年 5 月 28 日

Tweener 完了イベント

CATEGORYactionscriptTweener   TAG 11:56 AM

Tweenクラスの利用方法を書籍でみてたときに
完了時のイベントが渡せる事を知りました。
Tweenerを使ってますが、こっちはできるの?かと思いましたが
当然のごとく出来るようです。
更には、パラメーターまで渡せるみたいです。

import caurina.transitions.Tweener;
Tweener.addTween(mc, { x:100, y:50, time:2, transition:"easeOutExpo", delay:0,onComplete:complete, onCompleteParams:["test"] }
);

//完了時のイベント
function complete(str:String):void {
	trace(str);
}

2009 年 5 月 18 日

Tweener 明度のTween

明度って通常のプロパティではないので、なかなか変更するのがめんどくさかったりしますが、Tweenerを使うと簡単にできるとのこと。
フィルタも同じくTweenerを使った方が簡単にできるとのこと。

//Tweenerを用いての明度変更サンプル

import caurina.transitions.Tweener;
import caurina.transitions.properties.ColorShortcuts;
ColorShortcuts.init();

Tweener.addTween(test_mc,{_tintBrightness:-0.2});