articles

2011 年 1 月 28 日

PHP スタティックに弱い

スタティックに呼び出されることを想定したというか
インスタンスが持たない値はクラスが持つべき?
なんだか、なんでもインスタンス用の変数にしてましたが
よくないなとおもいました。



class Test(){
 static $test_var1;
 var $test_var2

 function __construct(){
  //インスタンス内での呼び出し
  self::$test_var1;
  $this->test_var2;
 }
}

print Test::test_var1;
$test=new Test();
print $test->test_var2

2010 年 9 月 22 日

PHP mail()の関数変更

CATEGORYmailPHP  TAG 9:55 PM

もう何回もPHPのメールはやってるのですが、
どうもサーバによってうまくいかなかったりします。
おそらく、ヘッダ作成がうまくいってないんでしょうね。
改造しました。
本来ヘッダのパラメータ区切り文字はCRLFだそうですが、LFでやってあります。
パラメータ間のスペースを削除してLFにするとうまくいく事がありました。
サーバーの仕様によってちがうみたいで、ややこしいです。


class Sendmail{
	
	/*
	$option=array(
			"to"=>test@test.com, 
			"subject"=>"タイトル",
			"body"=>"本文",
			"from_name"=>"送信者",
			"from_email"=>"form@test.com"
	);
	*/
	
	function __construct($option){
		$this->encoding="utf-8";
		$this->encoding_upper=strtoupper($this->encoding); 
		//print $this->encoding_upper;
		mb_language("ja");
		mb_internal_encoding($this->encoding);
		$this->option=$option;
	}
	
	function mimeHeader($str){
		//print "mimeHeader";
		return mb_encode_mimeheader(mb_convert_encoding($str,"ISO-2022-JP",$this->encoding_upper));
		
	}
	
	function send(){
		extract($this->option);
		$f_from_name=$this->mimeHeader($from_name);
		$headers= "MIME-Version: 1.0\nFrom: {$f_from_name}<{$from_email}>\nContent-Type: text/plain;charset=ISO-2022-JP \n";
		if($reply=="true") $headers .= "Reply-To: {$f_from_name} <{$from_email}> \n ";
		
		$subject =$this->mimeHeader($subject);
		$body = mb_convert_encoding($body, "ISO-2022-JP",$this->encoding_upper);
		
		$sendmail_params  = "-f$from_email";
		$result = mail($to, $subject, $body, $headers, $sendmail_params);
		return $result;
	}
	
}

2010 年 9 月 13 日

PHP ereg()とereg_replace()は今後使えなくなるの巻?

CATEGORYPHP正規表現  11:20 PM

使ってました。ガンガンに。いろんなサイトで。
勉強不足でしょうか、使えなくなるって5.3でエラーが出るまで
全然気づきませんでしたよ。

mb_eregとかpregとかで代替えするそうで・・・

とりあえずエラー消すときは

error_reporting(E_ERROR & ~E_NOTICE & ~E_PARSE); 

だそうで。

まいりましたね、こりゃ。

2010 年 8 月 27 日

PHP splitの代わりにexplodeを使う

CATEGORYPHP  TAG 6:43 PM

なんやかんやでずっと使ってました、split();

explode()がいいんですね。さようならsplit();


$str = 'one|two|three|four';

// 正の値を持つ limit
print_r(explode('|', $str, 2));

// 負の値を持つ limit (PHP 5.1 以降)
print_r(explode('|', $str, -1));

2010 年 8 月 27 日

PHP 数値の桁数をsprintf()であわせていましたがstr_pad()の方がよさそう

CATEGORYPHP  TAG 6:22 PM

PHP 数値の桁数をsprintfであわせていましたが、
str_pad()という関数を使う方が早いそうです。

for($i=1;$i<=$photo_num;$i++){
        //$iを,2桁にして,"0"で埋める。左に。
	$num=str_pad($i,2,'0',STR_PAD_LEFT);
        print $num;
}

これは覚えておきます。

2010 年 8 月 9 日

PHP メールを送る

クラスにするまでもないのですが。
使い回しがききそうなので。

class SendMail{
	
	/*インスタンス作成時の引数は配列
	$option=array(
			"to"=>test@test.com, 
			"subject"=>"タイトル",
			"body"=>"本文",
			"from_name"=>"送信者",
			"from_email"=>"form@test.com"
	);
	*/
	
	function __construct($option){
		$this->encoding="utf-8";
		mb_language("ja");
		mb_internal_encoding($this->encoding);
		$this->option=$option;
	}
	
	function mimeHeader($str){
		return mb_encode_mimeheader (mb_convert_encoding($str,"ISO-2022-JP",$this->encoding));
	}
	
	function send(){
		extract($this->option);
		$f_from_name=$this->mimeHeader($from_name);
		$headers  = "MIME-Version: 1.0 \n From: {$f_from_name}<{$from_email}> \n";
		if($reply=="true") $headers .= "Reply-To: {$f_from_name} <{$from_email}> \n";
		$headers .= "Content-Type: text/plain;charset=ISO-2022-JP \n";
		
		$subject =$this->mimeHeader($subject);
		$body = mb_convert_encoding($body, "ISO-2022-JP",	$this->encoding);
		
		$sendmail_params  = "-f$from_email";
		$result = mail($to, $subject, $body, $headers, $sendmail_params);
		return $result;
	}
}