articles

2009 年 8 月 28 日

AS3 TextFormatを外部クラスにしてみましたが

CATEGORYTextFormat   TAG 4:56 PM

当初staticでクラスメンバとしてやってたのですが
個別に変更する場合難しいので、インスタンスのメンバにしました。

staticのものは以下
AS3 共通のTextFormatを複数のクラスで用いてみる

これ本来はsetterとgetterをつかうべきだと思いました。
クラスのプロパティを参照するのはよくないんですよね?
今度はsetterとgetterについて調べてみます。
※基礎だとおもいますがおろそかになっています。

TextStyle.as

package {

	import flash.text.TextField;
	import flash.text.TextFormat;
	import flash.text.TextFormatAlign;

	class TextStyle {

		public var textformat_default:TextFormat=new TextFormat();
		public var textformat_hover:TextFormat=new TextFormat();
		
     //コンストラクタ
		function TextStyle() {
			//初期状態用スタイル
			textformat_default.size=13;
			textformat_default.font="_sans";
			textformat_default.color=0xEEEEEE;
			textformat_default.bold=true;

			//ホバー時状態用スタイル
			textformat_hover.size=15;
			textformat_hover.font="_sans";
			textformat_hover.color=0xEEEEEE;
			textformat_hover.bold=true;
        	}
	}
}

flaファイル

import TextStyle;
var text_style=new TextStyle();
var d_format=text_style.textformat_default;
var hover_format=text_style.textformat_hover;

2009 年 8 月 18 日

AS3 円運動のクラス

円運動をさせる場合、軸をずらしたmcを作りrotationを変更していたのですが
やはり基礎的なところなので作っておきました。

CircleMove.as

package {
	import flash.display.Sprite;
	import flash.events.Event;

	public class CircleMove {
		var my_sprite:Sprite;
		var my_radius:uint
		var my_speed:uint;
		var degree:uint=0;
		var centerX=0;
		var centerY=0;
		var speed:uint;
		function CircleMove(sprite:Sprite,radius,speed) {
			my_sprite=sprite;
			my_radius=radius;
			my_speed=speed;
			centerX=my_sprite.x
			centerY=my_sprite.y
			my_sprite.addEventListener(Event.ENTER_FRAME,move);
		}
		function move(event) {
			var radian = Math.PI/180*degree;
			my_sprite.x=centerX+my_radius*Math.cos(radian);
			my_sprite.y=centerY+my_radius*Math.sin(radian);
			degree+=my_speed;
		}
	}
}

flaファイルは

import CircleMove;
var cm=new CircleMove(ball,100,5);

さらに、JSONで渡したかったので継承したクラスを作成しました。
こんなこと普通しなそう・・・

CircleMove2.as

package {
	public class CircleMove2 extends CircleMove {
		function CircleMove2(obj:Object) {
			my_sprite=obj.sprite;
			my_radius=obj.radius;
			my_speed=obj.speed;
			super(my_sprite,my_radius,my_speed);
		}
	}
}

この場合のflaファイルは

import CircleMove2;

var cm=new CircleMove2({sprite: ball,radius:100,speed:5});

さらに、回転開始のオフセットを設定できるようにしました。
CircleMove3.as

package {
	public class CircleMove3 extends CircleMove2 {
		function CircleMove3(obj:Object) {
			degree=obj.degree;
			super(obj);
		}
	}
}

この場合のサンプルflaファイルは

import CircleMove3;

//リンゲージしたクラスBALL
var ball2=new BALL();
var ball3=new BALL();
prepare(ball2);
prepare(ball3);

//準備用の関数
function prepare(mc:MovieClip){
	mc.x=stage.stageWidth/2;
	mc.y=stage.stageHeight/2;
	addChild(mc);
}

var cm2=new CircleMove2({sprite:ball2,radius:100,speed:5});
var cm3=new CircleMove3({sprite:ball3,radius:100,speed:5,degree:180});//180度から開始

となりました。

2009 年 7 月 15 日

AS3 共通のTextFormatを複数のクラスで用いてみる。

共通のテキストフォーマットを複数のクラスで用いてみる。
なんかこれ絶対損してます。とりあえずはコレで!

staticを利用することにより
インスタンスをつくらず直接利用できるところがミソです。
定数をいろいろ定義するファイルとしてクラスを利用するという概念も
あるのですね。

package {
	import flash.text.TextFormat;
	import flash.text.TextFormatAlign;

	public class TextStyle {
		static var chart_textformat:TextFormat=new TextFormat();
		chart_textformat.font="_sans";
		chart_textformat.size=20;
		chart_textformat.color=0x555555;
		chart_textformat.align=TextFormatAlign.CENTER;
	}
}

これが利用するクラス

package {
	import TextStyle;
	public class SampleClass {
		var chart_textformat=TextStyle.chart_textformat;
        }
}