articles

2010 年 2 月 3 日

FlashLite SetQualityでレンダリング画質設定

CATEGORYFlashLite   TAG 5:01 PM

Flashliteではfscommand2()を使ってレンダリング画質を設定できるんですね。

FSCommand2( "SetQuality", "high" )
FSCommand2( "FullScreen", true )
_focusrect = false;

この記事を参考にさせて頂きました。

fscommand2で何ができるか?
http://thinkit.jp/article/794/1/

ここにもわかりやすくありましたので貼らせて頂きます。
kanariia.com blog – [Flash Lite 1.1]制作前に知っておきたいことをQ&A形式でまとめてみた
http://kanariia.com/blog/archives/650

2010 年 1 月 25 日

FlashLite tellTargetでmc指定

CATEGORYFlashLiteカテゴリなし   TAG 8:06 PM

FlashLiteをやってる人には常識なんでしょうけど・・・
知らないとキツいです。

tellTarget( mcのパス ){
処理
}

で”mcのパス”ってのが、スラッシュシンタックスみたいです。
だとか。

2010 年 1 月 25 日

FlashLite tellTargetでmc指定

CATEGORYFlashLite   TAG 7:55 PM

FlashLiteをやってる人には常識なんでしょうけど・・・
知らないとキツいです。

tellTarget( mcのパス ){
処理
}

で”mcのパス”ってのが、スラッシュシンタックスみたいです。
だとか。

2009 年 7 月 22 日

FlashLiteはきらい

CATEGORYactionscriptFlashLite   TAG 9:12 PM

きらいですが、やらなきゃいけない場面が多くなってきました。
とりあえずFlashLite1.xからですが逆にこれが難しいんですね。

enterFrameもfunctionも使えないのに作れる気がしません。
そんな中、なかなか良いメモがございましたので
リンクさせて頂きます。助かりました。

http://www.grkt.com/flash_lite_01.html

結局3枚くらいの簡単なスライドを作る予定だったんですが
全部フレームアクションでやるのも癪なので
以下のアクションを埋めてやりました。

if ( i < duration ) {
	gotoAndPlay( _currentframe-1 );
} else {
	i=0;
}
//※変数 duration i は別フレームに記載

一個前のフレームにはもちろん

i++

3枚あるんですが、それには

call(フレーム番号)

としてやりました。
現在では考えられないまどろっこしさ。
これだからやなの。
でも助かりました。